メインコンテンツに移動
 
 
 
 
 

<週末、死にたくなるあなたへ>、26日(土)11~<TBS王様のブランチ>にてPICK UPされます☆

2019.10.25

こんにちは 続々と様々なご感想をいただいている、新刊<週末、死にたくなるあなたへ。>(双葉社)。

hyousi

土曜日のTBS長寿&人気情報番組『王様のブランチ』にて、ご紹介いただけるそうです。関東限定だそうですが、ご都合のあう方は、ぜひチェックしてみてください(^^)/

●オンエア日時 今週末26日(土)
TBS「王様のブランチ」 https://www.tbs.co.jp/brunch/
BOOKコーナーにて 『週末、死にたくなるあなたへ。』がランクイン、ピックアップ対象作品となりました。  
●放送時間帯
だいたい11時頃を予定。
生放送のため、変更になる可能性もあり、その点だけご諒承いただきたいとのこと。  

 

☆☆

さっそく受け取っていただけ、+ご感想! まで。。いつもありがとうございます。少しご紹介させていただきます。

☆☆☆

蝶々さんへ

こんにちは。
東京の茉莉です。 気持ちのいい秋晴れの日ですね。
昨日、蝶々さんに感想メールを書いていたら突然メーラーが落ちて消えてしまったので(そんな事今までなかったのに)、改めて書き直しています。これも、何かの邪魔なのかもしれませんね。

それから、イベントで購入させていただいた女神の美活、
飲んでいますがなんだか調子がいいです!
わたしはまだ(もう?)27歳ですが、きっと中身は傷んでいて。毎日、東銀座に研修に行っていたら、「確かに死にそうだ」と思いました。もう、都営地下鉄内のエネルギーやエナジーが死んでいるの。周りの方も、ちゃんとしている方や海外の方も多いけれど、時々小さく発狂しているおじさんや、苛立ちを隠さない大人でいっぱい。
この灰色の牢獄は、人々から何を巻き上げているのだろう? と思うとゾッとします。
(地下鉄がそうなのであって、街自体はそこまでではないのですが。歌舞伎座のそばです)
いやあ、女神の美活のおかげでなんとか働いていますが、ふるさとながらも色々よね~って遠い目になっちゃいますね。

新刊は、本当に手元に置いて読みたかったのでこの度の刊行嬉しいです。
おめでとうございます、そして本当にお疲れ様です。
エネルギーアタックも、目に見えない邪気からの邪魔もどれだけだったのだろう、と思うくらい真実がズバズバ書いてあって。わたしには「うっ」と来る文章がネット上の連載時よりも不思議と多かったです。ああ、正気とはなんて暖かくて真実で、ぐさっと刺さるのだろう。
わたしには、とても刺さりました。そして、助けになります。
ありがとう、蝶々さん。

 

☆☆☆

蝶々さん!一昨日、新刊を買いました。
本屋でパラパラと少し読んでいたら、目の奥からじわーっと泣けてきました。私、泣いていました。。。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
この本の心意気に。そして、やっぱり、好きな人と新しい自分の家族を持ちたいなと。
一度離婚してみて、思う事は色々あるのですけどね。
この本が世に出る前に、闇ーからの何かがあった事は、こういう気づきを促すからですよね。ネットで新刊のサイトみただけでも松果体がキリッとしましたし。。。
逆にネットからの脳への影響って凄いあるんでしょうね。(最近では、電磁波ブロックするツールを買いました。前より楽です)家に帰ると、私が本屋で泣いていたころ、夕食の準備をしていた母親が包丁で指を切っていて、流血が酷く病院に行ったそうです。。。
わかりやすいですよね!!!(*≧∀≦*)

兵庫 ひとみ

 

☆☆☆

大阪のなほこです。

『週末死にたくなるあなたへ。』、読ませていただきました。
《だって、生きてるだけでオンナは凄い。》このメッセージがどーーん! と心に響きました。

この現代で今をなんとか頑張って生きている。それだけでもあなたは凄い。
あーー、わたしは誰かにそう言ってほしかったって、思いました。

そうだ、わたしだって毎日毎日、お仕事してお弁当つくって、たまにはおしゃれしてみたりお花を飾ってみたり、ふてくされそうになる日もあるけど、今をなんとかよりよく生きたいと願って生きている。

誰にも褒められなくたって、そんな私を、誰よりも私が一番に(イイよね!)って肯定してあげなくてどうする! って心から思いました。最近家族や周りに対して「私の気持ちも分かってよ! 私の頑張りも少しは認めてよ!」みたいな怒りが湧いてくることが多かったんです。特に、婚活しろとかしつこく急かしてくる母親が本当に嫌で嫌で。でも、なんでこんなにイライラするんだろう、って思っていました。

だけどそれは相手がどうこうというよりも、「自分にダメ出しばっかりしていないで、ないものばっかり数えていないで、ここまで歩いてきたこと・今ここで前を向いて毎日を生きているわたしの存在をもっと認めてよ」っていう、自分から自分に対する声だったんだな、と気付いたらふっと力がぬけました。わたしは自分の中にある声をずっと無視していたんだな、と思いました。ついつい自分の心の奥の方に押し込んで、忘れたフリをしていた、寂しさややりきれない気持ち。

そういうものにふわっと風が吹きこんで、光があてられて癒され浄化されるみたいな。頭で画一的に考えてきてしまって、知らない間に冷たく固まっていた心の大切なところに血が通ってあたたまっていくみたいな。蝶々さんの言葉を読んでいたら、なんだかそんな感覚になりました。

そして、わたしも今生で必ず家族を持つ!! わたしもいつか、自分の家族を育み、大切な人と支え合っていきていきたい。このシンプルで、だけどだからこそ強力な欲求と希望を、ちゃんと体と心の内側からゆるして求めていこう、と熱が入りました。頭で計算したり条件ばっかり考えたり、そういう冷えそうなことではなくて。

またまとまらない感想になってしまいましたが、自分の内側にある、女の本能プログラム? みたいなものに気づかされた気がします。生命力溢れる女性を目指して、いつか私だけの家族を育むイメージを持って、今ここにある毎日を感じて生きてゆきます^ ^

 

☆☆☆

蝶々さん

週末買いました!
発売日にAmazonさんが届けてくれたのでゆっくりお風呂で読もうと楽しみにしてテーブルに置いたら夫が読み初めてまだしっかり読めていないのです。
でもこの本のタイトルがキッカケで夫婦でこれからの事を話すきっかけになりました。

本のタイトルから夫が「週末死にたくなるなんてあるの? 意味わからん。でも蝶々言っいてる事は大概当たるからなぁ、この表紙凄いなぁ〜強そうやなぁ〜」と上から目線で手に取り、1日返して貰えませんでした。(°▽°)
(最近やっと写真だけ結婚記念に撮ったのでふてぶてしい夫との写真添付しておきます)

全て読んだ訳ではないようですが、思う所があったのか、(別件で前日にキレてソファの上からカマした私のドロップキックも効いたのかも)いつも自分の話ばかりの夫がなんで毎週そんなに会社行きたくないって言うのか? 残業がそれ程多いわけでもなく、いつも聞いている話しだと人間関係もすごく良さそうなのに? と掘り下げて聞いてくれて、なんでそんなに嫌なのか? 本当はどうしたいのか、何がやりたいのかじっくり聞いてくれて、やりたい事あるならその間サポートするから仕事辞めても良いんじゃない? という話に発展しました。
前からやりたい事があるならサポートするよとは言ってくれてはいましたが、人に言える程でもなく漠然と考えていただけで、自信がなかったりベイベ的なお金や楽を取る考え方から誰にも言い出せなかった事でした。
今まで割と勢いで突然海外で暮らしたり色んな事をしてきていますが、身になってない事も多いので実際仕事を辞めてやりたい事をやるかどうかはキチンと大人なりの計画やケジメ、現実との折り合いをつけてやっていこうと思っています。

まさかこんな形で突然避けていたドリルと向き合わされるとは週末本怖いですね〜笑
夫婦で話し合うキッカケになるような本を書いて頂いてありがとうございます!

女神クラブがなくなる前に大きな課題に気づけたので、また蝶々さんと会える時までコツコツ現実のドリルをこなして大人筋力アップに励みます!

アヤ

 

☆☆☆

週末本、さっそく購入し、一気に読み終えました。
今までの蝶々さんの本の中で、一番ドンとお腹に響くくらいの強いメッセージ性を感じて。知らないうちに涙が出ていました。

本の内容は少し前の私に重なる部分が多く。
色々な事を抱えていらっしゃる方が書かれていましたが、他人事とは思えなかったです。
私自身、精神疾患を抱えているので、その類の話は辛さ、苦しさも分かり。
だからといって、私自身今は付き合い始めた彼のケアをするくらいしかできることはないと思いますが、でも逆に一人の人を支えてケアする事。一生懸命やろうと思います。
多くの事はできなくても、余っている人が足りない人に分ける、足りない人は余ってる人から受け取る。そんな当たり前の事が普通に循環する世の中に少しでもなるといいと思います。
次に蝶々さんに会える時まで、私も一人の人として、成長したいと思います。

めぐこ

 

☆☆☆

蝶々さん、こんにちは。菜穂です。
昨日、週末本を買いました。ほとんど一気に読みました!
読んでいる間、厳しくも温かい優しい気持ちになりました。
蝶々さんのエネルギーに守られているような本でした。
WEBで連載していた時よりも、同じ文章でも読みやすく感じました。
私がアナログだからかな?
週末本が買えて今うちにあって、紙面で楽しむことができることがとても嬉しいです。
あと表紙、すごく好きです。 表紙の蝶々さんを見て、わたし「現代の卑弥呼さんだわ」って思いました。
夫が表紙を見て「これ合成じゃないの? 物怖じしない人だね」と言っていましたので、
「私の100倍物怖じしない方だよ」と言っておきました笑。
やっぱり本っていいですね。
五味太郎さんも言ってました、本はHAPPYだって。何度も何度も、大事に読みます。
大切な人にも読んでほしいと思っています。素敵な本をありがとう!

菜穂

追伸:
ちなみに、いい感じの本屋で買いました。
自分で探しても見つからず、「ないかな?」と思いつつ聞いてみたら、
ベテランの風情のおばさまが「蝶々さんの本は入ったらここに入れているのだけど…」
と言いながら探してくださって、おばさまのおかげで見つかりました。蝶々さんをご存知なんてさすがの素敵なおばさん!

 

From CHO♡
皆さま、様々なご感想、ありがとうございます!!
担当さんともどもの<それでも、一緒に!>の熱い気持ちが届いたら嬉しいです。

<週末>は、もちろん本気の想いやメッセージをいっぱい込めて編んだ本ですが、同時にちょっと不思議な本で。とりあえず、スタッフのみなさん全員というほどアレコレびっくり体験があるほどに、邪魔がすごくてしつこいです(; ・`д・´)。
今生きているだけでなにか苦しい、気が付いたらなぜか苦しくなっていた……という女性たちへのエールを、できるだけ率直に書いてはいますが、プラス確信的に、様々なブロックが解けるためのヒントや導入? パワーを散りばめているからかもしれません。
(ご縁あり手にとってくださった方は、できたら2回くらいは読んでください♡)。

この本のエネルギーがひろまっては困る、という何らかの意思や圧は感じますが。
それはそれ。この女神クラブの世界&メッセージと同じように、必要な方々に届きますように……(#^.^#)。心からそう願っております。

☆ちなみに表紙の写真は川島小鳥さん撮影。合成じゃなくリアル浮いている(笑)。
ヴェネツィアをベビーカー押しつつ歩いてる途中で見つけた安物SHOPで、SALEで買った25ユーロくらいの安ドレス。こんなもの着て品川駅。変な母さんですよね~? と自分でも思いつつ、そそくさと撮影した思い出があります。

 

 

カレンダー

27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

アーカイブ